介護施設は負担が少なく育児とナースの両立がしやすい

ナースの育児両立術

なにをすべきか具体的なことがすぐわかる!

ナースの育児両立術

病院勤務にはない魅力がある「介護施設」

病院勤務にはない魅力がある「介護施設」
LINEで送る
Pocket

育児しやすい介護施設勤務

独身で子育て経験がないというナースが多い職場となる、急性期の病院等では育児との両立に理解がもらえないという悩みも多いです。難しいところですが、やはり実際に子育てをしている経験がなければどれほど忙しいのか、またどれだけ子供の体調が変わりやすいのかといったことの想像や理解ができません。
そのためこういった病院では仕事と育児との両立には、両親に子供を預けることができるなどの環境が重要になります。
こういったことから両親と離れているためすぐに預けられる場所がないという方や、旦那さんも柔軟な対応が難しいような仕事をされている方は、仕事と育児との両立はかなり難しいと思います。そんなナースにおすすめしたいのが介護施設での勤務です。
ナースは病院で働くイメージが強い職種ですが、現在では介護需要が急速に高まっていることから介護施設でのナースの需要も急速に伸びています。そのため介護施設で働くナースもかなり増えています。また介護施設に勤務しているナースは病院で働いた経験を持つ方が多いので、比較的年齢層が高く子育てを経験されている方も多いです。つまり育児に関しての悩みどころや、育児に関して急な早退や欠勤への理解が高いので働きやすく感じられるはずです。

残業が少ない

病院での勤務は勤務時間よりもかなり早い時間に出勤をして患者さんの情報収集を行ったり、定時になっても患者さんの対応が残っていたりと定時よりも働く時間は多いと思います。しかし介護施設の勤務では基本的に入居者さんの健康管理が主な業務になるということもあって、バイタルチェックや栄養の注入や管理といったことがメインの業務です。そのため業務もスケジュール通りに動けますし、余裕を持って働くことができますので定時で帰りやすいです。そのため育児との両立をしやすい環境ということが言えます。

身体への負担が軽い

介護施設では身体的な介護は介護スタッフが行うことがほとんどです。車椅子からベッドへの移動やトイレ介助であったり体位変換など、病院で勤務していればナースが行う仕事です。こういったことを介護スタッフが行ってくれるため、身体的な負担は病院勤務よりも軽くなるということが言えます。しかし全てやらなくて良いというわけではなく、協力するところは介護スタッフと協力して行うことになります。それでも一部的に助けるという働き方なので、やはり病院勤務よりも身体への負担は随分違います。

忙しいナースにおすすめの記事

カテゴリ